今日は2ヶ月に1度の「あの日」です

今日は2ヶ月に1度の「あの日」です。

そう、

「飛躍の法則勉強会」の日

なんとなく怪しい響きの勉強会でしょ?

この怪しい響きの勉強会を開催し始めて
1年以上になります。

メンバーは僕の他に経営者が3人だけ。

今のところ4人で密かに行っている
ニッチでマニアックな勉強会なのです。

なぜこの勉強会が始まったのか。

それは、僕が
「すべてが見えてくる飛躍の法則」
という一冊の本を読んだ所から始まります。

この本の内容がとても素晴らしく、

「良い本だよねぇ」というような感想を
FaceBookに投稿をしました。

すると、フォローしてくれている何人かが

「俺も読んだ!良い本だよね」的な返信
を返してくれました。

同じ本を読んで、同じような感想を持つ
知り合いが数名。

これはぜひ感想を直に話し合う場を
作るべきでは!

そう思った僕がFaceBookで呼びかけた
ところ、先の3人が反応してくれたので
食事でもしながら、本の内容をがっつり
語り合おう!と言う流れになりました。

初回は去年の7月、場所は歌舞伎町の
料理屋さんで行いました。

4人でおいしい食事を取りながら
真面目な本の感想を熱く語り合う。

とても楽しい食事会になりました。

これを1回限りで終わらせるのは
何とももったいない。

誰と無くそんな話になり

「2ヶ月に1回ペースで開催しよう!」

で、ただの飲み回にしないように、
毎回課題図書を決めて
その本を全員で読んだ上で集まろう。

そんなルールが自然と決まりました。

さらにいくつかルールが決まります。

毎回幹事を交代制にすること。

幹事は課題図書と勉強会を開催する
場所を段取りすることなど。

幹事は自分が今まで読んだ本の中で
気に入った本を課題図書にします。

また集まる場所も幹事が工夫を
凝らして、その時々に合った
イケテル場所を選びます。

どうですか?

すごく楽しそうな勉強会だと
思いませんか?

いや、実際にめっちゃ楽しいのです。

課題図書代わりに課題映画として
ゴットファーザーを題材にしたことも
ありました。

開催場所もメンバーの弟がシェフを
しているペニンシュラのフレンチを
食べながらというのもありました。

勉強会のあとにキャ○クラに行くこと
もあります。

同世代の経営者が、真面目に楽しく
勉強が出来る場。

こういう集まりを

「マスターマインド」なんて呼んだり
するみたいですね。

大人になると、勉強する機会って
かなり積極的に自分から求めて行かない
となかなか出来ないものです。

「学ぶ」って大事です。

本当に世の中の流れが速いですから
学び続けることを止めた時点で
世の中から取り残されていきます。

皆さんも、自分なりに勉強する場を
作ってみてはいかがでしょうか?

気の合う経営者仲間との何気ない
会話がビジネスのヒントになったり、
自分の(自社の)課題解決の一助
になったり。

とても貴重な場になると思いますよ。

もちろん、この職人独立プロジェクト
も素晴らしい学びの場の1つになると
思いますので、活用していただけると
嬉しいです。

PS:飛躍の法則勉強会も少しずつ
メンバーを増やしても良いかなと
思っています。

職人独立プロジェクトの正式な会員
になってくれた人をまずは招待して
みるっていうのもありですね。