工事店がネット集客で抜き出るポイント 後編

こんにちは、加藤です。

前回の続きです。

工事店がネット集客で抜き出るポイントの具体的な要素。

1.サービスを切り出して販売する。
2.印象の良いデザインにする。
3.営業的人間力

ボクが工事をネットで販売する場合に一番大事にしているのは、上の3点です。他にも、沢山ありますがまずはここから初めましょう。

1.サービスを切り出して販売する。
これは、アナタの販売するサービスで他社よりも強みがあり、価格精度ともに自信があるサービスを全面に押し出して販売する。これを見つけるには3C分析など自社の強みをしっかりと見つめ直す必要があります。可能ならアナタ以外の第三者にお願いしてアナタの強み弱みを洗い出すブレストに参加してもらうのも良いでしょう。意外な強みや弱みが見つかり、その弱みが強みになったり強みが弱みになったリします。

2.印象の良いデザインにする。
間違えやすいのですが「印象の良いデザイン」と「かっこいいデザイン」はまったく違うと言う事を覚えておいてください。こんなサイトに出会った事ありませんか?「かっこいいデザイン」であってもどこに連絡すれば良いのか分からない。1ページ目のメインビジュアル(看板画像)がかっこいいのだけど何屋か分からない。かっこいいだけでは、注文は取れません。けれどダサいサイトでも注文は取れません。印象の良いデザインを心がけてください。
間違ってもスタッフ紹介でピースするとか飼っているペットを店長写真にするとかやめてくださいね。

3.営業的人間力
これも毎回言いますが・・・とはいえ2ステップビジネスですので最後は、アナタがお客様と契約を結ばなければなりません。日頃から、保険営業マン、コンビニの定員、金物屋のあんちゃんファミレスの定員などの対応をみながら、自分がどういう印象を受けているか分析してください。それらを繰り返すだけでも「営業的人間力」は高まります。例えば、ボクの行くスーパーでは、買い物袋を貰う人はそのままの金額、貰わない人は「買い物袋分、お値段お引きします。」とレジ係の方が言います。これって逆だったら印象ずいぶんちがいますよね。買い物袋を貰う人に「買い物袋分、10円頂きます。」ってのもね。でも何も考えていない人だったら後者を口走りそうです。

他にも沢山ありますが、まずはここから初めてください。