インターネット集客における戦術と戦略

こんにちは、加藤です。

戦術と戦略とは具体的にはなんでしょうか?

Wikipediaによると

戦術は、作戦・戦闘において任務達成のために部隊・物資を効果的に
配置・移動して戦闘力を運用する術である。

戦略は、一般的には特定の目標を達成するために、長期的視野と
複合思考で力や資源を総合的に運用する技術・科学である。

ボクの周りには、戦術が大好きな方が多いです。

・こんなキャンペーンを打ってはどうか?
・こんな導線を張ってはどうか?
・こんなツール使ってはどうか?

楽しいですよね。
ボクも大好きです。
新しい戦略は、ワクワクしますしその戦術がうまくい行き獲得する
ものが大きくなれば本当に嬉しい気持ちになります。

ですがボクはいつも言い聞かせて言葉があります。

「何でするかで無く、何をするかだ」

です。

この場合、「何で」が戦術にあたり
「何を」が戦略にあたると考えています。

例えば、50万円のカメラAと10万円のカメラB
スペック的にはカメラAがいい写真を撮れるでしょう。
でも、カメラBで撮影した作品の方がすばらしい場合だってあります。

戦術・戦略という本筋からは離れるかもしれませんが
こんな感じで意識するのは間違いでないと思いますし
全ての出来事にこの法則が当てはまっていきます。

何が言いたいのかというと
戦略は、とても重要だと言うことです。

大御所の先生方が言うような「長期的なすばらしい目標設定」をすることは
ボクには出来ません。

ですが

「何でするかで無く、何をするかだ」

を、意識しながら仮説を立てる癖を付けることで
仮説の精度が高まり延いては戦略の精度を高めることが出来ました。

仮説から精度の高い戦略を構築し
その戦略に向かってあらゆる戦術を使い倒す。

と、はなしはここで終わってしまいそうですが
表題の「インターネット集客における戦略と戦術」についてです。

インターネット集客における戦略は、とても簡単です。

売上を上げ顧客獲得単価を下げる。
これを持続可能な形に作り上げる。
これにつきます。

インターネット集客にしぼると多分、これしか無いです。

その下に戦術である
SEOやリスティング広告・メルマガ・SNSなどがありますよね。
この戦術にも個々に、細かな戦略や戦術がある訳ですが・・・

ボクの座右の銘というか戒めとしていいことわざがあります。

「策士策に溺れる」

大好きなことわざです。

みなさんも策士にならないように気をつけてくださいね。